関塾タイムスのトップへ戻る

2008年10月号vol.375

今月のタイムス
MONTHLY SPECIAL

秋以降の学習と定期テスト対策 中学生
小学生
私の勉学時代
イラストギャラリー
QUIZ WORLD クイズワールド

バックナンバー
バックナンバー

お問い合わせ・ご意見・ご要望などありましたら、hp_info@kanjuku-net.co.jpまでお願いします。
関塾タイムス本誌は毎号、国立国会図書館に収蔵されています

ご注意
このサイトにある全ての内容の無断転載・転用ならびに、引用画像の二次利用を固くお断り致します。
当サイトを利用することにより生じた損害等に対する責任は負いかねますのでご了承ください。
Internet Exploler4.0またはNetscape Navigator4.0以上でご覧ください。

関塾
関塾 タイムス

Monthly Special



特集1

特集2


対象学年→
小4
小5
小5
中1
中2
中3
高1
高2
高3

小学6年生
 中学受験を考えているみなさんにとっては、入試問題にチャレンジする時期になりました。過去問演習を通して自分の弱点を確認し、補強する作業を入試直前まで続けていきましょう。この時期からはいろいろな学校で入試説明会が開かれます。入試のための勉強のポイントやその学校が重要視している内容などを教えてくれることもありますので、自分の志望校の説明会には積極的に参加するようにしてください。

◇算数◇
 中学受験を考えていないみなさんに向けて2学期の重要ポイントを紹介します。単位量あたりの数値から発展して、速さの計算方法を学習します。距離・速さ・時間の関係を理解して使いこなすことができるようになること、分速を時速に直したり、kmをmに直したりする作業もていねいに行いましょう。比の学習に入っている人は、今まで以上にていねいな計算練習を意識してください。中学生になっても使う大切な感覚です。



◇国語◇
 小学生の総まとめとして漢字の復習をしっかり行いましょう。熟語や読み方の難しいものが増えてきますから、必ずノートにまとめておきましょう。同音異義語などはもちろん、5年生や4年生で学習した漢字の点検も忘れないでください。俳句・短歌などにふれた人は、作者名や年代も確認しておきましょう。有名な作品や著者名は整理してノートにまとめておくと中学生になっても役に立ちますよ。
小学5年生
 中学受験に向けて準備をしているみなさんにとっては、この時期の学習内容をきちんと理解できるかどうかが6年生での実力アップに大きく影響してきます。今までの学習内容とは量もレベルも急に変わってきますから、この時期からはしっかり復習する習慣と毎日少しずつでも勉強を続ける習慣をつけるようにしましょう。「○○算」など小学校では学習しない特殊な学習内容は、わからないところを塾の先生に聞いて必ず得意にしてしまいましょう。

◇算数◇
 中学受験を考えていないみなさんにとっても、2学期の学習内容はとても深いものになります。急に「難しいなぁ」と感じることがあっても不思議ではありません。大切なことは、しっかり復習して1つ1つの内容を確実に理解することです。割合の学習では、今までの倍の勉強時間を確保してちょうど良いくらいだと考えておいてください。また、小数の四則計算(たす、ひく、かける、わる)のスピードと正確性に大きな差がつくのもこの時期です。計算問題は続けることでできるようになってきます。この時期にさぼってしまった人は、ほぼまちがいなく6年生後半〜中学生にかけて計算で苦労しますから、みなさんはしっかり練習しておきましょう。



◇国語◇
 2学期から教科書の文章がより長くなってきましたね。「ちょっと長くていやだなぁ」と感じている人は、自宅で教科書を、内容を考えながらゆっくりと音読する習慣をつけましょう。文章を読むことが苦手な人は、音読するときに「ただ文字を追って読むだけ」になりがちで、読み終わったときにどんな内容だったのか頭に残っていないことが多いのです。もちろん言葉の意味、漢字の読み方をチェックすることも忘れずに何度も音読しましょう。
小学4年生
 中学受験に向けて準備をしているみなさんにとって、まだまだ受験は遠い未来の話かもしれません。しかしながら、4年生で学習した内容が入試で出題されることも少なくないのです。とくに算数では、この時期にどれだけ「遊び感覚で」図形の問題に取り組むことができるかによって、5年生以降の成績ののびが変わってきます。学習した解き方をただ覚えるのではなく、どのように使えばもっと簡単に解けるのかといった「考える」作業を勉強の中に加えていくことを忘れないでください。

◇算数◇

 小学校の勉強では、2学期は「面積」の出し方を学習することが中心になります。三角形や四角形の面積を求めるときには、「底辺」「高さ」といった言葉を覚えるだけではなく、図形のどの部分にあたるのかをきちんと確認しましょう。1学期に勉強した小数の計算はだいじょうぶですか? 計算は算数の基本です。計算練習は、学校で勉強しなくなっても毎日続けるようにすると効果が期待できますよ。



◇国語◇
 ローマ字がはじめて出てきます。ローマ字の読み方を覚え、アルファベットを正確に書けるように練習します。中学生になって英語を書いたり読んだりするときの土台になりますから、時間をかけて練習しましょう。自分の名前はもちろん、身近にあるたくさんの言葉やものをローマ字で書き表したり、ローマ字で書かれた言葉を読んだりする練習は、いつでもどこでも遊びながらできますからぜひチャレンジしてください



←ひとつ前のページへ ↑このページのトップへ